FC2ブログ

チャイルドライフスペシャリスト☆

こんにちは。

最近、ゆっくり更新ですね💦

色々やらなければいけないことがあったり、忙しかったりで、楽しみにしていてくださる稀少な方がいらっしゃったら、申し訳ありません。

でも、できるうちは続けたいと思っておりますので、宜しくお願いいたします。

先日、テレビで大変興味深い内容が放送されていました。

『チャイルドライフスペシャリスト』という職業についてです。

雨降りさん、恥ずかしながら、この職業については、まったく聞いたことがありませんでした。


チャイルドライフスペシャリストとは、重い病気になった子供たち、または、若い親が重い病気になった時、子どもたちの心のケアをして、医療体験に向かい合えるようにする専門家です。


雨降りさん、子どもの頃身体が弱く、東京の大きな病院に入院しておりましたが、そこで問題児でした。

子供心ながらに、「どうして痛い注射をしなければならないのか?」「どうして私がやってほしくないことを、この白い服を着た人たちはするんだろう?」と疑問だらけだったからです。

だから、しまいにはお医者さんを見るたび大泣きしていたそうです^^;

母は、婦長さんから「どんなしつけをしているんですか!」と怒られたそうですよ~。
母よ、すまない。


でも、そんな時にチャイルドライフスペシャリストさんは、大活躍するんだそうです。

ぬいぐるみなどを使って、「ここにお薬が入って、悪い病気を退治するんだよ」などと、子どもにも分かり易く教えてくれることからはじまって、ちゃんと怖いという気持ちも和らげてくれて、子供たちが安心して治療を受けられる心に持っていくんですって。


雨降りさん、感激しました!
そして、納得!
「確かに子供たちには、そういう存在が必要よね~」と。

それと……
小さい時、もし親が治らない病気になったら、子どもたちはどうすると思いますか?

中には、ベッドで苦しそうにしている親に近づけない子もいるとか……。

でも、それではその子が大人になった時に後悔する。

だから、チャイルドライフスペシャリストの方が、そこでも子供たちの心をほぐし、親との限られた時間を大切にできるようにするんだそうです。


あぁ、雨降りさんがまだ高校生だったら、大学はこの資格が取れる学校を受験したな、きっと。

まぁ、私に勤まるかどうかは置いときまして……

本当に素晴らしい職業だと思います。


まだ、日本ではなっている方が少ないそうですよ。

というわけで、今日のおススメは……
『医療を受ける子どもへの上手なかかわり方 チャイルド・ライフ・スペシャリストが伝える子ども』

医療を受ける子どもへの上手なかかわり方―チャイルド・ライフ・スペシャリストが伝える子ども・

新品価格
¥2,268から
(2017/5/15 14:07時点)




興味がある方は、是非。

この世は、支えあいですよね。
雨降りさんには、チャイルドライフスペシャリストの器はなさそうなので、何か別の事で誰かに、子供たちに恩返し、恩送りしていければよいな、と考えています。

今回は絵本ではありませんが、雨降りさんの琴線に触れたので、ご紹介させていただきました。

では、また(*^-^*)
次回もお付き合いくだされば、幸いです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雨降りさん、こんばんは(^^)

このような職業があることを知らなかったです。
支えられる子供さんはもちろん、親御さんにとっても頼りになる存在ですね。

勉強になりました。

No title

yoccoさん、おはようございます(*^^*)
コメントをありがとうございます。
感謝です。

世の中には、色々まだ知らない仕事がたくさんあるのでしょうね。
今はインターネットがあるから、色々な情報(仕事など)を得るのに便利でありがたいです☆

プロフィール

雨降りさん

Author:雨降りさん
雨が大好きな雨降りさんです。
雨音を聞きながら、色々な想像をして童話を書いています☆
6月が一番好きな季節です。
雨の匂い、しっとりとした風景、いつもとは違う人や町の様子にどきどきしています♡

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
お願い
当ブログの全ての著作権は作者である雨降りさんに帰属します。無断でコピーそして転載などはお断りさせて頂きます。何卒よろしくお願いいたします。
リンク
検索フォーム
最新トラックバック