FC2ブログ

オンリーワンとナンバーワン。皆さん、どちらが好きですか?

こんばんは(*^^*)

先日、童話仲間の男性から、こんなメールをいただきました。

「これだけは誰にも負けないってものが欲しいな」

それを読んだ雨降りさん。
「確かに。それがあったら素敵だけれど、もう生まれてきただけで、誰にも負けない存在ではないのかな?」と思いました。

そして、こうメールを返しました。
「私は、ナンバーワンより、自分は自分しかいないというオンリーワンの方が良いな。その方がロマンチックだもん」

そうしたら、こんな返事が。。。
「あ~あ、ナンバーワンになれないオンリーワンかぁ。嬉しいような、哀しいような」

男性と女性という違いもあるのかもしれませんね。

でも、私はオンリーワン=ナンバーワンの考え(笑)

三千世界の中に、自分という存在は一人だけですよ?
これってすごいことではないですか!
クローンという手があるじゃん!という野暮でひねくれた考えは、この際なし!

たかが人間の世界でナンバーワンになろうが、なるまいが、この宇宙から見たら本当にちっちゃいことのように思えます。

人間なんて、人間だけでは地球でも暮らしていけないほどのかよわい存在。
オンリーワンだと意識すればするほど、もっと大きなものに目が向いて、謙虚に生きられるのではないかなぁ。

もちろん、ナンバーワンを目指すのも素敵ですよ(^_-)-☆
でも、そのナンバーワンを目指す下地には、いつもオンリーワンへの意識がないと、夢が叶わなかったり、挫折したりした時に壊れそうで見ていてひやひやします。

その童話仲間の男性も、好きな女性でもできれば、また考え方が変わってくるのかも(笑)
ここだけのお話しですけれどね(笑)

そんな今日、ご紹介する絵本は。。。
『わたしのいちばん あのこの1ばん』
作:アリソン・ウォルチ 絵:バトリス・バートン 訳:黛くみこ

わたしのいちばん あのこの1ばん (ポプラせかいの絵本)

新品価格
¥1,404から
(2017/3/18 19:18時点)



***本より***
バイオレットは なんでも だれより 1ばん。
はしるのも おしゃべりも。。。
それって すごいなっておもうけれど、
わたしは なんだか もやもやしてるの。

わたしは 1ばんにはなれないけれど、
それって すごくないってことなのかな。
1ばんが いちばん いいのかな。

*********

この絵本の主人公、ロージーはもやもやした気持ちを抱えても、最後にはすっきり!
とっても素敵な自分のいちばんを見つけます!
それは先に書いた雨降りさんとはちょっと違った結論だけれど、雨降りさんは共感しました!

「そうだね、ロージー。あなたはとっても素敵な女の子だわ!」ってロージーに会えたら言うと思います。

そして、バイオレットもいい味出してる!

みんな、人間って素敵なんですよね(^_-)-☆
ひとりひとりが、本当にかけがえのない存在。
それほど、魅力的★

それを思い出させてくれる1冊です。

興味を持たれたら、是非読んでみてくださいね~(*^^*)

では、今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

皆さんは、オンリーワンとナンバーワン、どちらが好きですか?(笑)











関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雨降りさん、こんにちは(^^)/

男性は競争して勝ちたいって思うのかもしれませんね。
私もオンリーワンはナンバーワンだと思います!

どちらの考えも向上心が伝わってきて
私も頑張ろうと思いました。

自分の強みっていうか好きなことですけど
絵が上手くなりたいなぁと思ってます。(#^.^#)

No title

yoccoさん、こんにちは<(_ _)>
コメントをありがとうございます!
いつも感謝です!

向上心(^.^)
yoccoさんの絵(4コマとかで見せていただきましたが)味があって、とっても好きです♡
すごく引きこまれて、上手だと思います。
絵が全く描けない雨降りさんにほめられても、あまりうれしくないかも、ですが。。。(笑)

お互い好きなコト、向上心を持ってがんばりましょう!


プロフィール

雨降りさん

Author:雨降りさん
雨が大好きな雨降りさんです。
雨音を聞きながら、色々な想像をして童話を書いています☆
6月が一番好きな季節です。
雨の匂い、しっとりとした風景、いつもとは違う人や町の様子にどきどきしています♡

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
お願い
当ブログの全ての著作権は作者である雨降りさんに帰属します。無断でコピーそして転載などはお断りさせて頂きます。何卒よろしくお願いいたします。
リンク
検索フォーム
最新トラックバック