FC2ブログ

大切なご家族を亡くされた方へ。

こんばんは。

今回の記事は、とても個人的な思いや感傷が入っているので、どうぞ苦手と思われた方はページを閉じてください。

***
いつも楽しみにブログを拝見させていただいておりました。

あまりにも突然の事で、私もショックを隠せません。

ご家族を亡くされたご本人さまたちの悲しみがいかばかりか、胸が張り裂けそうです。

そんな事実の前に私は無力です。
何もできません。
時が流れていけば傷も癒えるかも知れませんが、それまでの間残されたものはどうやって過ごせばよいのでしょう。

出会いもあれば別れもあるのが常ですが、ちょっぴり神様を恨みたくなりますね。。。

『くものうえのハリー』
作:城井 文  パイインターナショナル


ひつじのハリーは、突然死んでしまいました。
お母さんは、毎日毎日悲しみに暮れ、胸が張り裂けそうでした。

そんなお母さんをハリーは雲の上から見つめていて、「お母さんに会いに行こう」と決心します。

そして、紆余曲折を得て、お母さんのいる雲の下に行けたハリー。

でも、お母さんにはハリーは見えません。

しかし、ハリーの健気な心が奇跡を起こします。

ハリーの気配を感じたお母さんは、ハリーとの思い出を反芻します。

そして、気づくのです。

ハリーは、何て多くの喜びを私に与えてくれたのだろう!と。
ハリーが母に与えたものは、「悲しみ」でなく、「喜び」だと!

すると、徐々に悲しみから救われていく気がしました。

***
お嬢さんは、天国へ旅立ってしまいましたが、ハリーのように大好きなお母さんを見ていてくれています。

「元気になって」なんて通りすがりの私には言えません。

ですが、お嬢さんはお母さんやお兄ちゃん、お父さんの幸せしか願っていないですよ。

今は本当にお辛いと思います。

その悲しみの上に、優しい時間が流れますように。。。

お嬢さんと過ごした時間が痛みなく思い出せるようになるまで、たくさんの愛の時間が持てますように。。。

陰ながら、ささやかながら、祈っております。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

そして、意味が分からないながらもお付き合いしてくださった皆さん、ありがとうございました。

明日も皆さんの下へ元気が届きますように。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雨降りさん、こんにちは。
大切な方と別れがあったのですね。

かける言葉が見つかりませんが、
皆さんに心穏やかな時が訪れますように。

No title

yoccoさん、こんばんは<(_ _)>


大切な者との別れ。。。
避けられないだけに、私もただただ亡くされた方々に穏やかな時間が流れるように祈ることしかできません。

切ないですね。

コメント、ありがとうございました!
プロフィール

雨降りさん

Author:雨降りさん
雨が大好きな雨降りさんです。
雨音を聞きながら、色々な想像をして童話を書いています☆
6月が一番好きな季節です。
雨の匂い、しっとりとした風景、いつもとは違う人や町の様子にどきどきしています♡

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
お願い
当ブログの全ての著作権は作者である雨降りさんに帰属します。無断でコピーそして転載などはお断りさせて頂きます。何卒よろしくお願いいたします。
リンク
検索フォーム
最新トラックバック