FC2ブログ

自分の分、器の中で生きる。

こんにちは<(_ _)>

またもや寒波襲来!

積もりはしませんでしたが、今日は雨降りさん地方でも雪がちらほら。

皆さん、風邪など召されませんよう。

***
閑話休題。

雨降りさん、最近は顕著に好きな事しかできなくなってしまいました💦

仕事も読書も勉強しなければいけないことがたくさんで、選んでいる場合ではないのですが、好きでもない内容に触れると途端に頭痛が。。。

この頃、若い時に周りに期待されていた時期があったことを良く思い出します。

その時も比較的好きなことを追求させてもらっていたのですが、次から次へとレポートを書くために、本を読んだり、色々な所へ出かけなければならす、ぼーっとする時間が取れなかったんです。

まわりの方たちは、その状態が当たり前で、むしろ忙しい方が良いと輝いていました。

でも、雨降りさんは途中で挫折しました。。。

小さい頃からがむしゃらに何かすることが苦手で、いつも空や花を見てぼ~っと想像することが大好きだった私は、身体をこわしてしまいました。
身も心もボロボロになってしまったのです。

努力が足りなかった。
我慢が足りなかった。
それらを超えて見えてくるものは確かにあると思います。

けれど、楽しかったはずのことも楽しめないほど、雨降りさんの心は疲弊してしまいました。



その時からかなぁ。
自分の分・器を考えるようになったのは。。。

他の人ができることが雨降りさんにはできない。

努力すればできる?
我慢すればできる?
辛抱して続ければできる?

そうですよね。
それも大切だと思います。
やる気があるのはとても良いこと。
それも一つの才能ですね。
だって、ちょっとくらい苦しくても、続けないと一人前になれませんから。


でも、自分の分、器にないものを努力しても、我慢しても、それは良い結果に結びつかないと思います。
若い頃の雨降りさんのようにね。

本当に好きなこと、自分の気力、体力、性格傾向などなど、本当に自分を知らないと、真実幸せな道は選べないような気がするなぁ。

雨降りさんは、結構後悔しています。
己を知らなかったために、ずい分遠回りをしてしまいました。

確かに今貧しいですが、 ぼーっとする時間もありますし、好きな創作もできています。
お仕事も、出来る仕事はやらさせていただいています。

努力をしないのではなく、無理をしない。
自分に一番心地よい、良い塩梅の生き方がこれなんです。

もちろん、ばりばり働くことができる、困難を越えていくことが好き、な方にとっては、それが一番良い生き方なのでしょう。

でも、雨降りさんのように、目立った取柄もなく、のんびり無理ができない方は、どうぞ周りの風潮に流されないで。

我が道を行きましょう。
自分がほっとする場所で、ほっとする生き方をしましょう。

大丈夫!
そういう生き方もあり!だと思います。

お茶でもすすりながら、のんびりゆっくり深呼吸して(*´ω`*)

どんな人でも必要とされて生まれてきています。
心配しないで。
バリバリ生きられなくても、あなたを必要としている人、場所は絶対あるから!
今は分からなくても、きっと見つかりますよ。

***
今日のメッセージは、自分に向けてのメッセージでもあります。

もし不安な方がいらしたら、その方にも届けば良いな、と思って書きました。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

また、次回もお付き合いいただけたら幸いです。

では、また(^_^)/~

豊かな人生のおともに
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!

記事を読んで私も若い頃を思い出しました。

20代のころ仕事を頑張りすぎて
そのあと燃え尽き症候群になった経験があります(^^;)

私もほっとする生き方がいいなぁ
記事に励まされます!ありがとうございます。

No title

yoccoさん、こんばんは(*^^*)

若い頃は、今と全然価値観が違って、自分の分・器が分からず、ばりばり活躍したいと思っていました(笑)

本当にほっとする人生が良いですよねぇ。

いつもコメントありがとうございます!
そして、励みになるといってくださってありがとう。
書き続ける勇気がでます。

プロフィール

雨降りさん

Author:雨降りさん
雨が大好きな雨降りさんです。
雨音を聞きながら、色々な想像をして童話を書いています☆
6月が一番好きな季節です。
雨の匂い、しっとりとした風景、いつもとは違う人や町の様子にどきどきしています♡

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
お願い
当ブログの全ての著作権は作者である雨降りさんに帰属します。無断でコピーそして転載などはお断りさせて頂きます。何卒よろしくお願いいたします。
リンク
検索フォーム
最新トラックバック