仕事の悩み(>_<)

こんにちは(*^^*)
昨日のさむ~い天気とは一転して、こちら快晴です(*^^*)
一気に春が来るかなぁ。

さてさて、雨降りさんは社会人経験がありません。
ものすごくか弱いのと例の噂の件で、会社で働けなかったからです。

だから、はっきり言って専門分野がない!

今の仕事は、文章を書く仕事で、めちゃくちゃ稼いでいる方は専門分野がある方が圧倒的。
雨降りさん、いつも投げかけられる案件を一から調べるので、それはそれは大変で、効率が悪いのです。

ある程度知識がある方ならば、すらすら書けちゃいますからね。

専門分野だけではありません。
雨降りさんの場合、パソコンの技術も独学でした。
だから、いまだにブラインドタッチができないし、細かな機能を調べても???だし、作業がものすご~く遅いです。

もちろん、私なりに努力はしているのですが、同じ仕事をしている方たちの倍は一つの仕事にかかってしまっているでしょう。

会社の方が優しくフォローしてくれるので、勤められているようなものです。

恩返しがしたいから、頑張っています。
会社の方に、両親に、私を温かく見守ってくれる方々に、少しでも役に立てたらな、と。

あと、こんな私でも「素晴らしい記事だった」と褒められる時がある(笑)
それも嬉しくて、頑張れています。

一生懸命勉強して、良いものを書いていきたいです。

そんな今日のおススメは。。。
『あたまにつまったいしころが』
作:キャロル・オーティス・ハースト 絵:ジェイムス・スティーブンソン
訳:千葉茂樹  光村教育図書

あたまにつまった石ころが

新品価格
¥1,512から
(2017/3/28 15:24時点)



私のお父さんは、石ころが大好き!
石ばかり集めて、眺めたり、研究したり。。。
でも、お父さんには立派な石ころの研究者の肩書なんかないんです。
まわりの人たちは、そんなお父さんに言います。
「石ころじゃぁ、金にならんぞ」
ところが。。。

***
好きなことをとことん追求していくお父さんを、雨降りさんは心の底から尊敬しました。
好きと生活って、重ならないと辛いですよね。
でもこのお話を読んで、本当に好きなことをとことん追求すると、すごいことが起きるんだな、と考えさせられました。

そこまで追い求められる好きなことがあるって幸せなこと。
誰でも持てる気持ちではないから。
学歴とか肩書とかわき目もふらないほど、好きなこと、皆さん持ってますか?

実は、雨降りさんも書くことより、好きなことがありますよ。
でも、その願いは一人では叶えられないものだから、無理かもしれない。
その度に悲しくなるけれど、必死で前を向こうと思ってます。
そして、可能性がある限り、頑張ります!

さてさて、今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!
このまま、順調に暖かくなると良いですね!

では、また(^_^)/~
スポンサーサイト

家族に尽くしたい。

こんばんは(*^^*)

東京から、桜の便りが届きましたね~。
わが家では、鶯も鳴き始めました。
春ですね(*´ω`*)

今日、母からとても大切な話を聞きました。
詳細は書けませんが、母はその方たちの話を聞いて、感動して泣いてしまったそうです。

ちょっと端折ると、ご自分がどんな苦労をしていても、人に愛をかけ続けた方たちの話です。

母と父と私、全員で「私たちは、本当に人間として未熟だねぇ」としみじみ語りあいました。

特に私は、苦しいことや心配事が重なって、自分の事で精いっぱいで、余裕がなくなると、よく家族についついきつい言葉を投げかけてしまいます。

「なんて小さな人間なんだろう」と自分が自分で嫌になります。
最近、やっとそれがなくなってきましたが、それでも今までひどく親不孝してしまったという後悔は消えません。

これからは、とにかく親孝行したいな。
心配をかけたくない。
そのために、一人の人間として真に強く優しくなりたいです。

すみません。
今日は、このお話のテーマに合った絵本が見つからなかったので、絵本の紹介はなしです。

もし、楽しみにしてくださっている稀少な方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ございません。

次回は、絵本の紹介をしたいと思います。

今日も、とりとめのないひとり言にお付き合いしてくださって、ありがとうございました<(_ _)>

次回も、お付き合い頂けましたら幸いです。

では、また(^_^)/~




プロフィール

雨降りさん

Author:雨降りさん
雨が大好きな雨降りさんです。
雨音を聞きながら、色々な想像をして童話を書いています☆
6月が一番好きな季節です。
雨の匂い、しっとりとした風景、いつもとは違う人や町の様子にどきどきしています♡

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
お願い
当ブログの全ての著作権は作者である雨降りさんに帰属します。無断でコピーそして転載などはお断りさせて頂きます。何卒よろしくお願いいたします。
お越し、有難うございます☆
現在の閲覧者数:
リンク
相互リンクは、本当に申し訳ないのですが、女性の方のみとさせていただいております。
検索フォーム
最新トラックバック